ヘモグロビンa1c 下げる 運動

“毎日できる” “ずっと続けられる” ムリのない運動

生活改善の基本として、まず、“運動不足の解消”があげられます。
しかし、急に激しい運動をするのはかえって体に負担をかけてしまうし、運動量が足りなすぎても効果がありません。

 

理想的なのは、運動を可能な限り毎日行うことです。

 

運動の強さは、きつすぎず、楽すぎず、手軽なところではウォーキングなどがおすすめです。1日30分を目安に、うっすら汗をかく程度の運動をおこないます。一日に2〜3回になら、分けておこなってもかまいません。

 

運動のあと、とても疲れてしまうようなら、量やスピードをセーブしたり、お医者さんと相談して自分に合った運動メニューを作りましょう。

 

ここで重要なのは、「どんな運動なら効果が高いか」ではなく、「どんな運動なら5年でも10年でも毎日続けられるか」です。大切なのは、“運動習慣を身につける”ことです。

ヘモグロビンa1cを下げる運動

ヘモグロビンa1cを低下させようと心がけている方は、できるだけ体を動かす習慣を身に付けましょう。なぜかというと、『運動をすることで血糖値が下がる』と理由があるからです。

 

どういう事かご説明致します。

 

体を動かす事で、人の筋肉は、血中に存在する糖分を、【エネルギー源】として消費してくれます。つまり運動する事により糖が減ってゆき、血糖値も低下していきます。

 

効果的な運動のタイミング

タイミングとして大事なのは、食後の血糖値の急上昇を避けることが大切なんです。そのため、食後に体を動かし、糖を消費するのがベストです。

 

おすすめの運動方法は?

まずはウォーキングなどの有酸素運動を継続して行う事がヘモグロビンa1cの値を下げるタメにはオススメです。

 

また、筋トレも効果があり、筋肉量を多くする事と、その筋肉を使ったエネルギーの消費量を増加してくれるため、血糖値が下がりやすくなります。

 

有酸素運動はどのぐらいの時間と頻度、強度?

最初は無理のない程度でするようにし、最終的な目安としましては、1週間辺り3〜5回、1日辺り20分〜60分できるようになれば良いです。
強度に関しては、「少しきついな」と感じて、軽い汗をかく程度であれば決して問題はありません。

一人で運動するよりも、仲間を集って運動するのが効果的

運動嫌いの人が毎日運動を続けようとしても中々続きません。
そこで、仲間を集って運動すると結構長続きするようです。

 

 


 


 


 
ヘモグロビンA1c値を下げる方法 私の父の改善記 ムリのない運動 血糖値を下げる食べ物