ヘモグロビンa1c下げる

ヘモグロビンa1c下げる 糖尿病を治療する方法は?

ヘモグロビンa1cを下げるにはどうすればいいんでしょうか。

 

L下げる方法について記載してみたいと思います。

 

ヘモグロビンa1cを下げる方法

 

糖尿病の治療で一番大事なのは、ヘモグロビンa1cの値を下げることです。
そのための第一歩は、血糖値を低くしなければなりません。

血糖値を低くする方法は3つ。

 

・病院での食事指導

 

・血糖値を下げる食事

 

・運動

 

これを守ることで、平均血糖値の上昇を抑えます。
これを守って平均血糖値を低く保ちながら、1〜2か月続けます。ここまでやれば、ヘモグロビンa1cの値を下げることができるのです。

 

目標は1〜2か月で1%くらいずつ数値を落としていくのです。
こうすれば体への負担も小さく抑えられます。

 

でも、この方法がとっているような緊急の場合には、手術などの方法をとることもあります。

ヘモグロビンa1cの目標値

ヘモグロビンa1cは数値が下がればいいというだけではありません。
数値を急激に下げると、血管への影響が大きすぎ、細い血管が集まる網膜のむくみや、炎症による出血などの可能性が高まります。
ヘモグロビンa1c下げる 糖尿病を治療する方法は?
そのため、数値を下げるためには、半年間で2%程度を下げることを目標に少しずつ体を慣らしながら減らすのが理想です。
また、正常と判断するかどうかは空腹時の血糖値とヘモグロビンa1c、そして食後の血糖値の数値で判断します。

 

空腹時血糖とヘモグロビンa1cの数値が正常範囲内であれば、問題はありません。
ヘモグロビンa1cが6.5%を超過すると、空腹時血糖値が正常範囲内であっても、食後血糖が急上昇することがある場合があることが判明しています。

 

ですから、糖尿病を予防するには、空腹時血糖よりも食後血糖の値に注目するべきだと言われています。

 

 ヘモグロビンa1cとは?

血糖管理におけるヘモグロビンA1cと食後血糖値との関係

これまでのヘモグロビンA1cの研究の成果として、ヘモグロビンA1cに対する食後血糖値での影響が明らかになってきました。

 

ヘモグロビンa1c下げる 糖尿病を治療する方法は?

 

ヘモグロビンA1cの値が9.3%以上である場合は、食後血糖値に対する影響は約40%程度に留まりますが、ヘモグロビンA1cの値が7.3%未満である場合は、食後血糖値に対する影響度が約70%と高い割合になり、ヘモグロビンA1cへと大きく影響してきます。

 

更に、食後血糖値は、ヘモグロビンA1cが6.5%を超えた辺りから早く悪化していくというレポートがあります。
つまり、空腹時血糖値が比較的正常な場合でも、食後血糖値は異常に上昇していく可能性があるんです。

 

また、空腹時血糖値の管理目標が例え達成できたとしても、ヘモグロビンA1cが依然として下がらないという事があります。

 

ですから、早い時期から食後高血糖を改善する事は、良好なヘモグロビンA1cを維持する事につながり、糖尿病の発症、進行を抑え、空腹時血糖値の上昇も抑えることへと繋がります。

父が13.0HのヘモグロビンA1cを正常値に戻した事例



「怠い怠いな〜・・・」という父を病院に連れていき、血液検査をしたらこの数値。


紆余曲折を経て、何とか改善に至りました。父のヘモグロビンA1cを下げた体験談です。

父のヘモグロビンa1cを下げた話
 
ヘモグロビンA1c値を下げる方法 私の父の改善記 ムリのない運動 血糖値を下げる食べ物