ヘモグロビンA1c 薬局

ヘモグロビンA1cを薬局で採血して数値の異常を見つけることができる

2014年3月31日、厚生労働省が臨床検査技師法に基づく告示の改正を公布しました。
そのため、医療従事者でない一般人が個人で採取した検体を、診療を通さず生化学的検査を行う施設が新設されました。

 

4月1日から薬局での自己採血検査が正式に認められ、糖尿病の早期発見に繋がるHbA1c(ヘモグロビンエイワンシー)値を測定できる様になりました。
全国に先駆けて取り組んでいるのが東京足立区と徳島県で、現在多くの地域にそれが広まっていきました。

 

これは薬局での簡易検査で糖尿病を早期に発見し、治療しようというプロジェクト「糖尿病診断アクセス革命」が実を結んだ結果です。

 

 

今までも薬局などでの自己採血検査はありましたが、法的な位置づけが曖昧でグレーゾーンにありましたが、
この問題が解消され、地域の健康拠点として各薬局の取り組みに期待が高まっています。

ヘモグロビンA1cを薬局で測定

父が13.0HのヘモグロビンA1cを正常値に戻した事例



「怠い怠いな〜・・・」という父を病院に連れていき、血液検査をしたらこの数値。


紆余曲折を経て、何とか改善に至りました。父のヘモグロビンA1cを下げた体験談です。

父のヘモグロビンa1cを下げた話
 
ヘモグロビンA1c値を下げる方法 私の父の改善記 ムリのない運動 血糖値を下げる食べ物