ヘモグロビンa1cを下げるためには食事の改善とグアバ茶

ヘモグロビンa1cを下げるためには食事の改善とグアバ茶

 

私は現在49歳の3人の母親です。

 

二人目の妊娠中、まさかの「妊娠糖尿病」宣告を受けました。


 

 

幸せなはずの私に妊娠糖尿病の宣告

この宣告を受けたのは悪阻真っ只中の検診時。ほとんど食べられず、水を飲んでは吐くという食生活を送っていた時でした。なぜ?なぜ?なんで私が?とパニック状態でしたが、思い当たるふしも実はありました。

 

一人目の妊娠のとき、検診時に糖が出て朝食に菓子パンを食べたことを助産師さんに怒られたことがあったんです。その時は食べたものが悪かった、と片づけていましたが、やはり糖が出やすい体質ではあったのでしょう。

 

妊娠糖尿病では流産、巨大児、発育不全・奇形、低血糖、心臓病、胎児死亡などの影響があるとネットを調べると出てきました。また母体にも悪影響があるらしいです。

 

悪阻が治まるとほぼ同時に子宮頸管縫縮術という流早産を予防するために子宮を縛る手術を受けることになっていました。従って、入院中の食事は病院側によって完璧に血糖管理された食事が提供されました。

 

この病院は週に2回夕食にフレンチが出る大変人気の施設でした。妊産婦さんたちも基本は健康な方たちばかりですので、3時のおやつも出ます。しかし、わたしには別メニューで、3時のおやつはありませんでした。

 

事前に配られているメニュー表と照らし合わせると明らかに品数のすくない献立。全室個室だったのですが、明らかに配膳時の音から自分のだけ違うものが出されているとわかる食器の音。

 

ただただ、悔しかった。でもまだ見ぬわが子のために頑張ろうと決めました。献立は鶏の胸肉を使った料理が多かったように思います。2週間近くの入院でしたので栄養士さんもネタがつきたのか胸肉のソテーの味替えが頻繁に出ていました。

 

 

血糖値の上昇しにくい食事を作ることに専念する生活

退院してからが本当の闘いでした。血糖が上昇しにくい食物をとるために勉強しました。GI値の低い食べ物はライ麦パン、ご飯よりもスパゲッティ、甘いものはもちろんご法度。ざっくりですがこれを頭にいれて料理しました。

 

ライ麦パンはなかなか手に入らなかったのでライ麦粉を買ってホームベーカリーで手作りしました。ホームベーカリーはこのために購入したのです。スパゲッティも全粒粉のものを購入しました。

 

甘いものがほしくなったら小豆を煮て羅漢果で甘みをつけてバカ食いしました。食料品は生協で主に購入していたのですが、カタログにおいしそうな物がたくさん載っていて見るのが本当に辛かったです。

 

こうして検診時のヘモグロビンa1cは4.7くらいに管理でき、無事に長女が生まれました。

 

出産後は普通に生活していましたが、ある時まさかの第3子妊娠。またあの血糖管理の日々を過ごすのかとお先真っ暗でした。しかし第2子妊娠後期のヘモグロビンa1cは4ポイント台。

 

結構低かったな、もしかして血糖管理しなくてもよかったんじゃ、というのが実感でした。前回妊娠糖尿病と診断されたのが悪阻中で体がしんどいときだったからではないかとの疑念がありました。

 

グアバ茶を飲んでヘモグロビンa1cを下げた

そこで検診の前にはグアバ茶を飲んで臨みました。するとギリギリの値で妊娠糖尿病を免れることができたのです。医師曰く「ぎりぎりだけどセーフということにしてあげましょう」もう嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。

 

なぜならまた子宮を縛る手術を受けるため入院しなければならなかったからです。この入院ではほかの妊産婦と同様におやつも品数の減らないフレンチのコース料理も楽しむことができました。もちろん出産時も週2回のコース料理とともにおいしい入院食をいただきました。

 

妊婦健診の際には必ず尿検査があり、タンパクや糖の検査をします。私は高血糖が出ないように朝食後グアバ茶を飲んでから病院に向かっていました。妊娠中糖がひっかからなかったのはグアバ茶のおかげだと思っています。

 

そんなグアバ茶ですが飲み方で失敗したことがあります。昼食前に何気なく飲んだら急激に血糖値が下がる感触がして激しく空腹になり手が震えてきたのです。

 

あわててその場にあった食べ物を手当たり次第に食べて何とかしたことがあります。後でわかったことですが、食後に飲んだ方が良いと書いてありました。それからは食後に飲むように気を付けました。

 

第3子を出産して10年が経ちます。妊娠糖尿病は妊娠時のみの症状ではありますが、のちに本格的な糖尿病になりやすいとあります。

 

毎年人間ドッグを受診していますが今のところ5ポイント台で推移しており問題ないと考えています。グアバ茶も出産後は飲んでいません。

 

ヘモグロビンa1cは直近1か月の食生活の採点をされているようなものです。やはり食生活についての学習が必要だと思います。普段からご飯を玄米入りにする、パンを全粒粉のものにする、砂糖を羅漢果等低GI値のものにするなど工夫すれば普通の食生活を送れます。

 

グアバ茶などの糖の吸収を抑える食品も上手に取り入れながら頑張っていただきたいと思います。

管理人より一言

 

食事の改善って本当に大変ですよね。

 

すごく頑張ってもなかなか数字に反映されなくてくじけそうになる気持ちもよくわかります。

 

やはり体質も大きく影響しますから自分に合うものを取り入れていかないとどんなに頑張っても結果に反映しないこともあります。

 

今回取り入れられていたグアバ茶も食事前に取り入れたところ低血糖の症状が出ているようで、それだけ効果があるとうれしい反面怖さも感じてしまいますよね。

 

出来るだけ体の負担は少なく毎日の習慣から取り入れて変化できるものがおすすめになります。

 

というわけで、私のおすすめは漢方です。

 

最近はお薬として使われるようにもなっている漢方ですから、効果も期待できますし、今までの生活を楽しみながらプラスアルファして、いきいきと健康な生活へと変化できると感じられましたよ。

 

しっかりとした食生活の基盤を作ったうえで、毎日の食事に楽しみを持てるといいですよね!

 

口コミありがとうございました!

 

父が13.0HのヘモグロビンA1cを正常値に戻した事例



「怠い怠いな〜・・・」という父を病院に連れていき、血液検査をしたらこの数値。


紆余曲折を経て、何とか改善に至りました。父のヘモグロビンA1cを下げた体験談です。

父のヘモグロビンa1cを下げた話

関連ページ

サントリーのDHAでヘモグロビンa1cの数値が改善
私は女性で40歳、会社員をしています。仕事が不規則なので、よく残業をすることもあります。そのためか、運動をすることもあまりありませんでした。それがヘモグロビンa1cの数値が高くなった理由かもしれません。
マヨネーズを減らしてヘモグロビンa1cを下げました
40代女性会社員です。以前ヘモグロビンa1cの数値で悩んでいたことがあります。
ヘモグロビンa1cを下げるために食事の改善とエクア錠を服用
67才の男性です。職業はパート職員です。a1c=6.7です。
ヘモグロビンa1cを下げたのは糖質制限した食事
高木と申します。40歳、男性。以前まで会社員をしていました。
ヘモグロビン数値の改善は毎日の食事が一番効果が高い
現在33歳 女性 会社員 です。私は元々、逆にヘモグロビンの数値が低いです。
糖尿病でインシュリン接種、見る見るうちにヘモグロビンa1cの数値は改善
はじめまして。sunnykenです。年齢は65歳、職業はフリーランスです。以下、私と糖尿病との関わりを、ヘモグロビンa1cの話題を中心に据えて紹介させて頂きます。
 
ヘモグロビンA1c値を下げる方法 私の父の改善記 ムリのない運動 血糖値を下げる食べ物